とりの年間スケジュール



 右後ろの座席から「ピピ」「チュクチュク」と、セキセイインコらしき声がします。
あッ! この間、トリの年間スケジュールを教えてください、というはがきがきていたっけ。
さっそく原稿用紙を出しました。

 まず春。新しくヒナをむかえるのに最高の季節です。
ペットショップにもたくさん入ってきます。成長したトリにとっては恋の季節です。
ときどき人に恋するトリもいますよ。ふやしたいときは、巣箱を入れましょう

 梅雨−−文鳥は衣がえの季節。
「換羽」といって、一年に一度、羽根がぬけかわります。
体力がかなり落ちるので、水浴びもちょっとお休みしてね。
インコ類は一年中はえかわるので、文鳥のように一気に換羽はしません。
この時期は、えさにかびが生えて、調子がわるくなることがあるので注意しましょう。

 夏は、野菜や水がくさりやすいので、できたら一日二回とりかえてね。
直射日光やしめきった部屋での「熱射病」もこわいけれど、クーラーで冷えすぎて病気になることもあります。
何でもほどほどがベストです。

 秋は、人もトリもセンチメンタル気分……そう、恋の季節です。
冷えこむ日も出てくるので、保温には工夫が必要です。
ポリ容器の湯たんぽが便利です。形は丸より四角いほうが、ころがらないのでおすすめです。

 冬は、初めての冬をこす若ドリや、体力の落ちている老いたトリにはきびしい季節です。
メスの卵づまりも多くなります。過保護にするのはよくありませんが、
温度差がはげしいと体調をくずしてしまいます。

 春夏秋冬、季節の変化を上手に楽しんでね。
そろそろ新横浜、きょうの新幹線は「動く書斎」でした。




この絵にポインターを合わせてみて!